25.11.19 16:13 | Age of News: 89 days

Temposonics® RシリーズV SSI 出力をリリース

 

MTS Systems Corporation(NASDAQ:MTSC)の1事業部であるMTS Sensorsは、産業用アプリケーション向けのTemposonics® Rシリーズ V SSIバージョンをリリースした。

RシリーズV Profinet および EtherNet/IP™ 出力の市場導入に続く SSI 出力の追加により、この新世代の磁歪式変位センサーでサポートできるようになったアプリケーションの範囲が広がった(例:ファクトリーオートメーション、油空圧、プラスチック射出成形、ブロー成形、木工、金属加工、工作機械等)。

SSI の大きな特長は、安定した位置信号と最小分解能 0.1 µm という高い精度であり、これにより、センサーは産業用アプリケーションに正確な位置管理を提供できる。機能性を保証し、システムの効率を向上させることができるため、これはユーザーにとって重要な利点である。

Profinet および EtherNet/IP™ センサーと同様に、SSI 出力も2つのタイプで利用可能である。ロッドスタイル(RH)とプロファイルスタイル(RP)で、TempoLink と TempoGate(2020年リリース予定)スマートアシスタントによってサポートされている。どちらもオプションで入手可能なアクセサリで、電源接続を介してセンサーに接続され、すべての Rシリーズ V センサーをサポートしている。スマートアシスタントは、システムの稼働中に、センサーの状態、内部温度、総稼働時間、ポジションマグネットの移動距離など、アプリケーションの状態に関する詳細情報を送信することができる。

これは、特に SSI 接続を備えたセンサーに大きな利点を提供する。SSI の固定されたデータ構造および一方向伝送のために、センサーのようなスマートデバイスとの通信は一般に制限されている。TempoLink または TempoGate スマートアシスタントを使用すると、電源接続を介して、実際の位置データとは無関係にデータを並行して送信できるようになるため、この制限を回避できる。

Temposonics® R シリーズV SSI 出力は、Profinet および EtherNet/IP™ センサーと同じ機能を備えている。これらはより堅牢で信頼性が高く、-40℃から+85℃までの広い動作温度をサポートしている。耐衝撃性は150g、耐振動性は30gに向上し、より広い電圧供給範囲と組み合わせることで、正確な測定データを提供し続けるため、過酷なアプリケーションに適している。実証済みの電気的接続と機械的設計に基づく下位互換性により、既存のアプリケーションへのシームレスな統合が可能である。

テクニカルマーケティングマネージャのAndré Besteは次のように述べている。「私達の長年の経験に基づいて、RシリーズVは、センサーの革新的進化における次のステップであり、新世代へのSSIの追加によって、さらに多くの産業用システムをサポートすることができます。従来の品質を維持し、同時にインダストリー4.0の境界を押し広げることによって、私達はお客様に、私達がこれまでに作った最良かつ最も先進的なRシリーズをご提供することができます。」

記事に対するお問い合わせ先:
Email:info.jp@mtssensors.com